賃貸ですごく新しいきれいなところもある

賃貸で預り金はある部屋を借りていく強い意志があるとき、その部屋を確実に抑えてもらうために契約前に払うお金

賃貸ですごく新しいきれいなところもある

賃貸で預り金のことについて

賃貸住宅で気に入った部屋が見つかっても、もう一度家に帰って家族とも相談して冷静になってよく検討したいといった状況はよくありますが、新築の物件で入居できるまでにまだ3か月もあり、すぐに契約できないが、この部屋を申しこんで置きたいといったこともあります。そうしたとき、仮押さえしておく来ますから、手付金をいただけますかといわれると、言われるがまま金額を払ってしまいがちですが、その手付金は支払って大丈夫でしょうか。実は、部屋を確保してもらうために支払って行くお金は本来正確には預り金といったもので、または申込金と呼んでいることもありますが、手付金とちょっと性格が違っています。

そして預り金はある部屋を借りて行く強い意志があるとき、その部屋を確実に抑えてもらうために契約前に支払っていくお金で、手付金は、元は不動産の売買契約で代金の全部あるいは一部として受け渡しされるお金で、契約を交わした後、物件の引き渡しまでの間に支払っていくお金で、賃貸の場合でも本来は契約成立後に支払っていくものです。そして賃貸借契約は借主と貸主が合意しなければ成立しないで、申込金は借主がその物件をよく検討したいから、確保しておいてといったときに支払うものですが、逆にこの借主に物件を貸していいかどうか貸主につたえて検討してもらうためにちょっと時間が必要になることがあります。


Copyright(c) 2017 賃貸ですごく新しいきれいなところもある All Rights Reserved.