賃貸ですごく新しいきれいなところもある

賃貸物件を借りるときに必要な礼金とは何か、そしてその制度の始まりと礼金を払う必要の無い物件について

賃貸ですごく新しいきれいなところもある

賃貸物件を借りるときに必要な礼金について

賃貸物件を借りるときに必要な費用として敷金と礼金の制度がありますが、今回は礼金について説明してみたいと思います。礼金とは賃貸の物件を借りるときに家主に物件を貸してもらうお礼として支払うお金のことで世間一般では家賃の1か月分から2か月分を支払うことが多いようです。この礼金は敷金などとは違い1ヶ月の入居などの短期間であっても礼金は返してもらうことは出来ません。礼金は関東地方が始まりの文化で、その始まりは戦争での大空襲などで家を失った人たちに自分の所有している物件を貸し与えてくれたことに感謝する気持ちで謝礼を支払ったのが礼金制度の始まりといわれています。そのためこの礼金制度は関西の地方ではあまり無い制度でほとんどの賃貸物件では礼金を支払うことはありません。

しかしその代わりに関西地方は敷金の額が関東地方よりも少し高くなっていることが多いという特徴があります。この礼金制度ですがじつは徴収してはいけない賃貸物件もあります。それは住宅金融公庫からお金を借りて建築された賃貸物件は礼金を徴収してはいけない決まりになっているのです。このことを知っている人は少なく不動産会社の人間ですら知らない人もいます。ですので賃貸物件を借りるときにはその物件が住宅金融公庫でお金を借りて建築されているものであれば礼金を支払わなくても良く少し節約が出来るのでぜひとも覚えておいて下さい。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 賃貸ですごく新しいきれいなところもある All Rights Reserved.