賃貸ですごく新しいきれいなところもある

ある銀行筋の調査では、2014年の上期において、賃貸物件の着工数は、徐々にですが増加傾向を続けている。

賃貸ですごく新しいきれいなところもある

2014年9月の賃貸物件の着工数の動向は?

投資関係の銀行筋が調査している賃貸関係の動向について、ある結果が出ています。それは、2014年9月現在のそのような物件の着工数というのが、2012年以降断続的にそのような住宅の着工件数が増加基調にあるという事です。そのため、2014年度も、その傾向を受け継いで、増加傾向で、2014年上期については、結果が出ていたりします。今までのグラフを見てみると、2008年に起こったリーマンショックでの金融不安というのは、その後、いろいろな物に影響を与え、2010年ぐらいから、持ち家や分譲住宅の回復してきたのに対して、賃貸物件の着工というのは、2012年までその回復を示すことができないでいたのですが、2012年を過ぎるあたりから徐々にですが、その傾向が出てくるようになってきています。

これらは、発表されている、某銀行の資料などにも、そのような傾向が示されており、明らかに、そのような物件に対しては、回復基調になってきていることを確認することができます。ただ、持ち家や分譲住宅については、先の消費税引き上げ後の動向が、あまり良くない結果を出しているのですが、賃貸物件については、そのような傾向もなく、着工数を徐々にですが増やしていています。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 賃貸ですごく新しいきれいなところもある All Rights Reserved.