賃貸ですごく新しいきれいなところもある

人口減少の影響もあって、賃貸物件の純増傾向から、減少傾向に代わってきているデータが出てきています。

賃貸ですごく新しいきれいなところもある

賃貸物件の総数の変化とは?

日本国での賃貸物件というのは、その家賃というのは、築年数が経てばたつほど、その価値を失う傾向あります。そのため、その競争で取り残された古い物件というのは、取り壊される運命というのが、普通に考えられている、そのような物件の末路になっていたりします。それらは、過去のデータをもとに分析してみると、明らかで、そのような傾向を示しています。ただ、その傾向も、2003年を過ぎるころには、ちょっと違う傾向を示しだしてきているところもあって、それは、そのような住宅の純増加戸数というのは、着工戸数の5割から7割程度になってきていたりしていることからわかります。ます。

これは、5年ごとの調査をしたときに、明らかに全体の物件の数が大きく減少していることが分かっており、それは、徐々にですが、人口減の影響を受けてきているということを示していたりします。現に2013年に調査した時には、2003年時と比べると、その数というのが減少していることが見て取れていたりします。このことから、賃貸住宅の着工するにしても、場所を選び、人の流れを読むという意味でも、明らかに、駅前に集中している物件が、多くなってきている事が分かっており、いろいろな差別化をしていかなかないと、そのような物件と言えども、生き残れない現状があったりしています。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 賃貸ですごく新しいきれいなところもある All Rights Reserved.