賃貸ですごく新しいきれいなところもある

2014年上期の賃貸物件の市況というのは、西から南にかけて平均的で、今まで牽引してきた場所に下落傾向が見える。

賃貸ですごく新しいきれいなところもある

2014年度上期の賃貸物件の東京23区の賃貸住宅市況とは?

2014年上期の東京23区の賃貸住宅の市況というのが、どのようになっているのかということで調べてみると、品川区は再開発が、これから進められる予定もあり、そこでの賃貸の価値というのが、上昇の傾向を示しているところであります。また、東京23区でも、北区なども、その価値というのが上がってきているところであり、これは、どちらかというと、その地域の中でも、かなりお値打ちな物件がそろっている所だったことがその結果になっています。また、価格的にも狙い目のあるところであるということが、言えるところでもあります。

さらに、葛飾区や墨田区なども上昇傾向になっているところであり、それは、古い建物が取り壊され、新しい物件に変わって来たところと、その周辺に新しい名所などができたことによる付帯効果があったりしたためです。それ以外のところというのは、どちらかというとその地域では、西から南にかけての地域は、どちらともいえない平均的な状態ではありますが、今までその東京23区をけん引してきたところが、下落傾向の見える値になってきていたりしますが、そもそも、その家賃自体が高く、それが少しは真面になってきたと表現した方が、正しいところでもあります。このように、東京と言えども、生き物のように、家賃のトレンドが変わったきたりしています。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 賃貸ですごく新しいきれいなところもある All Rights Reserved.