賃貸ですごく新しいきれいなところもある

賃貸住宅はライフスタイルの変化に対応しやすく、メンテナンス費用がほとんどかからないので、メリットが大きいです。

賃貸ですごく新しいきれいなところもある

賃貸住宅ならライフスタイルの変化にも対応できます

現在では住宅ローンの金利も低い水準にあることなどから、住宅の買い時などとよく言われています。しかし賃貸住宅に住み続けるメリットにもしっかりと目を向けて、慎重な対応が求められる時期でもあるのです。住宅ローンは立派な借金です。このような巨額な借金を背負ってまで住宅を手に入れる必要は本当にあるのでしょうか。

賃貸住宅に住み続ければ、家族の増減などに即座に対応することができます。子育てをしている時期は確かに部屋がたくさん必要なことがありますが、しかし、子ども部屋が必要な時期というのは10年、長くても15年程度ではないでしょうか。ですから、その時期だけ広い部屋に住む必要は確かにありますが、それ以外の期間は夫婦二人で暮らすのであればそれほど広い部屋は必要ないことになります。

特に老後は広い部屋を掃除するのは大変ですし、広さを求めないのであればその分家賃を抑えることも可能になります。また、部屋のどこかが自分の過失なく故障した場合にも原則として貸主に修繕義務がありますので、原則としてメンテナンス費用もかかりません。このように、ライフスタイルの変化に応じて融通が利くということに目を向けてみると、賃貸住宅に住み続けることにも大きなメリットを見いだせるのではないでしょうか。


Copyright(c) 2017 賃貸ですごく新しいきれいなところもある All Rights Reserved.