賃貸ですごく新しいきれいなところもある

賃貸物件に住む際に気をつけておきたいこととして、鍵に関するのリスクについて解説いたします。

賃貸ですごく新しいきれいなところもある

賃貸物件の鍵について

賃貸物件に住んでいる期間中に注意しておきたいこととして、鍵に関するトラブルについて説明いたします。賃貸物件においては住む前に鍵を交換し、前に入居していた方の鍵とは別の鍵を取り付けるのが一般的です。鍵の種類によっては防犯性において違いがあります。一般的な鍵の形状は山型となっており、ピッキング犯罪に対する対策は甘く非常にリスクがあります。

そのような防犯性の低い一般的な鍵とは異なり、複雑な形状をした防犯性の高い鍵がディンプルキーです。ディンプルキーは最近のマンションや住宅には標準的に採用されており、複製するにも納期と費用が通常の鍵よりも倍以上要するため、防犯性の高さとは裏腹に、紛失した際の交換費用は高額なものになってしまいます。ディンプルキーの特徴としては鍵に複数の穴が彫り込まれており、鍵を受ける部分であるシリンダーもそれに応じて複雑に作られています。最近は鍵穴も複数つけられており、犯罪する側も容易に開けられることが困難です。

このように最近の賃貸物件はディンプルキーを標準的に付けているので、借主としては決して紛失することがないように注意しておきましょう。参考ですが、紛失した場合は新しいシリンダーと鍵を作る必要があり、その費用は5万円?8万円とかなり高額となっています。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 賃貸ですごく新しいきれいなところもある All Rights Reserved.