賃貸ですごく新しいきれいなところもある

自分の生活スタイルが決まっているなら、場所がきまる。後は賃貸家賃と相談するだけ。新しいが全てじゃない。

賃貸ですごく新しいきれいなところもある

賃貸を選ぶ理由は生活スタイルに合わせやすいから

私は結構な結構な築年数のマンション型アパートに住んでいる。古いし、風呂場狭いし、結構壁とかも汚れている。しかし、仕事場も近いし、マンション型だから壁も厚いし、ワンフロア一室しかないから、満足している。汚れは今のネット情報を駆使すれば、自分である程度は綺麗にできる。風呂場は狭いから冬場はシャワーだけでも、すぐ風呂場内が温まるから経済的だ。仕事場へ自転車でも通えるのも経済的だ。ワンフロア一室っていうのも、隣の雑音が気にならないし、上は大家さんで下は塾という構成なので、時間を選べば自分の好きな音楽を大音量でも満喫できる。最近、壁の薄い新築型アパートが沢山出来ているが、全く興味を持たない。自分の生活スタイルに全く合わないからだ。

見栄えと言われれば、新しいにこしたことはないが、他人の目線なんかより、日々のストレスの方が問題だ。ちなみに今はネットで沢山の賃貸物件が検索できるが、そこで調べても不動産屋通しての家賃となるため、安くは住めない。僕は知人を通して、大家さん直で支払いのできる場所を選ぶ。なかなか難しいが、やはり自分の足で調べていくのが一番良い。

最後に広さだが、こればかりはアパートなだけに相場が決まっている。広いに越したことはないが、経済的なことを考えれば(空調などの関係)あまり広いと大変だ。友達をよく呼ぶのであれば広くないとしょうがないが。結局、自分の生活スタイルで自分の足を使って探せば、満足のいくアパートは見つかるはずだ。


Copyright(c) 2017 賃貸ですごく新しいきれいなところもある All Rights Reserved.